高速道路の深夜割引が見直し。深夜走行分のみ割引対象にして割引適用時間を拡大。

令和5年1月20日

東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社および西日本高速道路株式会社では、国土交通省とともに深夜割引の見直しに関する検討を行った結果、割引適用時間帯の走行分のみ3割引とし、割引適用時間帯について現行の「0時から4時」を「22時から翌5時」へ拡大する方針

これらについて、令和6年度中を目処に見直す予定であり、具体的な割引の見直し運用開始時期については、改めてお知らせいたします。

引用:https://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/r5/0120c/

深夜割引見直しの背景

現在の深夜割引は、割引対象となる時間帯に短時間でも走行すれば、他の時間に走った分も一律30%割引としていますが、これを改め、対象時間の走行分のみを割り引くよう変更する模様です。

深夜割引を見直す背景には、物流業界の労働環境の改善にあります。

物流業界では深夜割引の適用を受けるため、対象時間(深夜0時)になるまで高速道路の出口の手前で待機するトラックが多く、渋滞を引き起こしていることが問題視されていました。

またトラックドライバーの深夜労働にもつながるため、国交省は以前から見直しを検討していました。

NEXCO 3社は、これ等の課題を解決するため、深夜割引が適用される時間帯の走行分の料金を対象として割引きし、ドライバーの負担を軽減するため、割引適用時間帯の拡大について検討する必要があると考えたようです。

深夜走行分のみ割引対象になり。割引適用時間が拡大

現在、高速道路の深夜割引は、午前0時から4時までの間に高速道路をETCにて通行する車両を対象に30%割引となっています。

新しい割引制度は、割引対象となる7時間の内に走っていた距離分だけが割引の対象となります。

割引率30%は基本的に変更なし。

それではどうやって走行距離を計測するのでしょうか。この点については、高速道路会社が走行距離を把握するためのアンテナ設置に乗り出しています。

道路上に概ね50kmごとにアンテナを設置して距離を把握します。

車両の位置情報はGPS機能を搭載したETC2.0でしか把握できませんでしたが、深夜割引対象の距離を算出するには、ETC2.0の情報は活用しません。

5年間は激変緩和措置

新しい深夜割引が導入されてから5年間は、対象距離が短くなり料金が割高になることに対しての激変緩和措置も予定している模様です。

割引対象の距離に加えて、時間外に走行した距離の一部が割引対象として加算。さらに、22時台に高速道路を降りる際、対象距離が短い車両については、割引率を20%に落としその上で時間外走行距離の一部を加算する措置を取り、負担を軽減させます。

以下にNEXCO西日本のサイトより深夜割引の見直しの該当を引用します。

見直しの概要

  •  深夜割引適用時間帯に走行した分のみ3割引
  •  深夜割引適用時間帯を22時から翌5時に拡大 ※7時間
  •  深夜割引の見直しにあわせて、400㎞超の長距離逓減制を拡充
    40~50%の割引率

割引見直し運用開始後の激変緩和措置(5年程度)

  •  深夜割引適用車両のうち1,000㎞以上走行した場合は、1,000㎞を超える部分を割引対象走行分に追加
  •  22時台に高速道路を流出した車両について、22時台に走行した分は、深夜割引の割引率を2割とする

※今回の見直しと同時に、深夜割引を「ETCマイレージサービス」または「ETCコーポレートカード」への後日還元型による割引制度に変更(長距離逓減制の拡充は除く)

ETCコーポレートカードの割引との関連性

物流業界のトラックのほとんどが、ETCコーポレートカードを利用していると思われます。

ETCコーポレートカードは独自の割引制度がありますので、深夜割引が見直された場合、影響はあるのでしょうか。

おそらく現在と同じく、深夜割引の適用後に、ETCコーポレートカードの割引が適用される流れになるかと予測します。(正確な情報が分かり次第この記事で加筆します)。

つまりこの記事の執筆時点では、深夜割引の見直しに伴い、ETCコーポレートカードの割引率が下がるといった情報は入ってきておりません。

まとめ

今回は深夜割引の見直しに関して概要をご説明しました。

  • 割引対象となる時間帯が拡大
  • 走行距離に応じた負担割合を適用

この2つが大きなポイントです。

深夜割引が見直されても、ETCコーポレートカードの割引は今後も継続されそうです。

ETCコーポレートカードは、NEXCO高速道路、首都高速・阪神高速道路を多頻度利用するユーザー専門のETCカード

割引率はネクスコ道路で最大で40%(ETC2.0搭載車)、首都高・阪神高速道路では最大で20%!

高速道路や首都高速を月に3万円以上利用されている方は、カードを見直すだけで経費削減に直結します。

こちらのサイトで、ETCコーポレートカードに切り替えた場合の割引試算を無料でおこなっております。

気になる個人事業主、法人様は今直ぐ問い合わせてみましょう。

ETCコーポレートカードに切り替えた場合の試算をしてみる

 

≪経費削減できる≫ETCコーポレートカードについて知っていますか?

こちらの緑色のカードをまだお持ちでない企業様は必見!

いまのETCカードをETCコーポレートカードに切り替えるだけで、必要経費として諦めていた『高速道路の利用料金』が大幅に削減できるかもしれません。

ETCコーポレートカードは、通常の時間帯割引に加えてさらに最大40%現金値引き。いままで法人ETCカードでマイレージポイントのみ貯めていた方は、この機会にぜひ切り替えを検討してみてください。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。